競馬予想は株式会社エイコウにおまかせください。

エイコウニュース
2018年11月11日

リスグラシューが悲願のGI初制覇 モレイラもJRAのGI初制覇

エリザベス女王杯(芝外2200メートル)は3番人気のリスグラシューが差し切りで勝利。悲願のGI初制覇を飾った。勝ち時計は2分13秒1。2着は9番人気のクロコスミア。3着は1番人気のモズカッチャン。

2018年11月11日

スティッフェリオが重賞初制覇

福島記念(3歳以上オープン、ハンデ、GIII、芝2000メートル、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、丸山元気騎手騎乗のスティッフェリオ(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が好位から抜け出して重賞初制覇。タイムは1分58秒3(良)。 2着はマイスタイル、3着はエアアンセムだった。

2018年11月04日

グレイスフルリープが気迫の差しで勝利

JBCスプリントはクリストフ・ルメール騎手が騎乗した4番人気のグレイスフルリープ(牡8歳、栗東・橋口慎介厩舎、父ゴールドアリュール)が、逃げた1番人気のマテラスカイ(武豊騎手騎乗)をゴール前で首差とらえてVを飾った。勝ち時計は1分10秒4。ルメール騎手は秋華賞(アーモンドアイ)、菊花賞(フィエールマン)、天皇賞・秋(レイデオロ)に続き、4週連続のG1勝利となった。3着には後方から追い上げた5番人気のキタサンミカヅキ(森泰斗騎手)が入った。

2018年11月04日

ケイティブレイブ大金星

JBCクラシックは、福永祐一騎手騎乗の3番人気ケイティブレイブ(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が快勝。地方競馬が舞台だった交流重賞で8勝を挙げていた馬が、中央の競馬場で初めてビッグタイトルを獲得した。タイムは1分56秒7(良)。オメガパフューム(2番人気)が外から伸びてきて、3/4馬身差の2着。サンライズソアはさらに1馬身差の3着に粘った。

2018年11月04日

パフォーマプロミスが重賞2勝目

アルゼンチン共和国杯はオドノヒュー騎手が騎乗した3番人気パフォーマプロミス(牡6、藤原英)が差し切り、重賞2勝目を飾った。勝ちタイムは2分33秒7。2着に1番人気ムイトオブリガード(牡4、角田)、3着に11番人気マコトガラハッド(セン5、鮫島)。

2018年11月04日

横山典久々のG1勝利

JBCレディスC(ダート1800メートル)は6番人気のアンジュデジールが1番人気ラビットランとの叩き合いを制して勝利。勝ち時計は1分50秒4。3着は5番人気のファッショニスタ。

2018年10月28日

シェーングランツが重賞初制覇

27日東京で行われたアルテミスステークスは、6番人気のシェーングランツが直線一気に伸びて勝利。重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分33秒7。2着は5番人気のビーチサンバ、3着は2番人気のエールヴォア

2018年10月28日

レイデオロ天皇賞制覇

天皇賞・秋は2番人気、C.ルメール騎乗、レイデオロ(牡4・美浦・藤沢和雄厩舎)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にサングレーザー(牡4・栗東・浅見秀一厩舎・担当装蹄師/西内荘)、3着にキセキ(牡4・栗東・中竹和也厩舎)が入った。勝ちタイムは1:56.8(良)。1番人気でM.デムーロ騎乗、スワーヴリチャード(牡4・栗東・庄野靖志厩舎)は、10着敗退。尚、8番のダンビュライトは競走除外となっている。

お電話でのお問い合わせはコチラから
  • 気象庁
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • Club A-PAT
  • IPAT

ページ先頭へ