競馬予想は株式会社エイコウにおまかせください。

エイコウニュース
2018年04月22日

サングレーザーがレコードV

マイラーズカップは、福永祐一騎手騎乗の4番人気サングレーザーが後方待機から直線、外から豪快に差し切って(上がり3ハロン33秒2=推定)重賞2勝目を飾るとともに、安田記念(6月3日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。走破時計1分31秒3(良)は従来の記録を0秒1塗り替えるコースレコード。2番手から早めに抜け出したモズアスコット(2番人気)が1馬身1/4差の2着。さらに半馬身差の3着にエアスピネル(1番人気)が入った。

2018年04月22日

サトノワルキューレが圧倒的勝利

フローラステークス(芝2000メートル)は、4角最後方にいた1番人気のサトノワルキューレが直線一気の差し切り勝ち。勝ち時計は1分59秒5。 2着に13番人気のパイオニアバイオが入り、この2頭がGIオークス(5月20日=東京)の優先出走権を獲得した。

2018年04月16日

エポカドーロG1初制覇

皐月賞は7番人気エポカドーロ(牡、藤原英)が直線で抜け出し、オルフェーヴル産駒初のクラシック制覇を果たした。やや重の勝ちタイムは2分0秒8。戸崎圭太騎手(37)もクラシック初制覇となった。次はダービー(G1、芝2400メートル、5月27日=東京)で父子制覇を狙う。2着はサンリヴァル、3着はジェネラーレウーノ。人気を集めていたステルヴィオ、ワグネリアンは4、7着に沈んだ。

2018年04月16日

グレイトパール重賞2連勝

アンタレスステークスは、川田将雅騎手騎乗の1番人気グレイトパール(牡5歳、栗東・中内田充正厩舎)が中団追走からまくり気味に進出、直線は馬場の真ん中を伸びて11カ月ぶりの鉄砲Vを決めた。タイムは1分49秒8(不良)。グレイトパールは芝2000メートルで新馬勝ち。その後は芝で7着、13着と低迷したが、4戦目に路線転向してからは6戦6勝とダートでは底を見せていない。1馬身1/4差の2着には中団からまくって4コーナー先頭のミツバ(3番人気)、さらに半馬身差遅れた3着に大外から追い込んだクインズサターン(5番人気)。

2018年04月16日

オジュウチョウサン重賞9連勝

中山グランドジャンプは石神深一騎乗で1番人気のオジュウチョウサンが大差勝ち。重賞9連勝、J・GI5連勝を達成した。タイム4分43秒0(良)は従来のものを3秒6も塗り替える圧巻のレコード。記録ずくめのVを成し遂げ、絶対王者の強さを誇示した。2秒4差の2着が2番人気のアップトゥデイト。

2018年04月16日

タワーオブロンドン復活V

アーリントンC・G3は1番人気のタワーオブロンドン(ルメール)が鋭く差し切り、重賞2勝目を挙げた。2着パクスアメリカーナ、3着レッドヴェイロンまでNHKマイルC(5月6日、東京)の優先出走権を得た。

2018年04月08日

アーモンドアイがレコード勝ち

桜花賞は2番人気のアーモンドアイがレースレコードを更新して優勝。2着は1番人気のラッキーライラック。3着は3番人気のリリーノーブル。

2018年04月07日

カツジ重賞初V

ニュージーランドは松山弘平騎手(28)が手綱を取った2番人気カツジ(牡、池添兼)が重賞初制覇を飾った。道中後方から直線追い込み、ケイアイノーテックを差し切った。勝ちタイムは1分34秒2。

お電話でのお問い合わせはコチラから
  • 気象庁
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • Club A-PAT
  • IPAT

ページ先頭へ