競馬予想は株式会社エイコウにおまかせください。

エイコウニュース
2019年01月20日

シャケトラ復活V

アメリカジョッキークラブカップは、石橋脩騎手騎乗で7番人気のシャケトラが、菊花賞馬フィエールマンの猛追を凌ぎ切って勝利。17年日経賞以来となる復活Vを果たした。タイムは2分13秒7(良)。2着に追い込んだフィエールマン(1番人気)、3着には渋太く脚を伸ばしたメートルダール(5番人気)が入線。2番人気に支持されたジェネラーレウーノは4着、3番人気のダンビュライトは6着に敗れている。

2019年01月20日

インティが6連勝で重賞初制覇

東海Sは1番人気のインティが逃げ切りで勝利。6連勝で重賞初制覇を飾りGIフェブラリーS(2月17日=東京ダート1600メートル)の出走権を獲得した。勝ち時計は1分49秒8。2馬身差の2着はチュウワウィザード。3着は4番人気のスマハマ。

2019年01月14日

ラストドラフトが重賞初制覇

京成杯は4番人気のラストドラフトが直線抜け出して勝利。デビューから2連勝で重賞初制覇を飾った。勝ち時計は2分01秒2。2着は2番人気のランフォザローゼス、3着は7番人気のヒンドゥタイムズ。1番人気のシークレットランは4着だった。

2019年01月14日

グローリーヴェイズ重賞初V

日経新春杯はミルコ・デムーロ騎乗で1番人気に推されたグローリーヴェイズが中団追走から差し切って重賞初勝利を飾った。タイム2分26秒2(良)。1/2馬身差の2着は5番人気のルックトゥワイス。さらに1/2馬身差の3着が3番人気のシュペルミエールだった。

2019年01月14日

フィリアプーラが重賞初勝利

フェアリーステークスはフィリアプーラが快勝した。アタマ差の2着にホウオウカトリーヌ、3着にグレイスアンが入った。勝ちタイムは1:36.0(良)。1番人気でM.デムーロ騎乗、アクアミラビリスは5着、2番人気で蛯名正義騎乗、エフティイーリスは、4着敗退。

2019年01月11日

カンパニーが死亡

2009年の天皇賞・秋(GI・芝2000m)、マイルCS(GI・芝1600m)をはじめ、9つの重賞を制したカンパニーが先月29日、種牡馬生活を送っていた熊本県で、腎不全のため死亡していたことがわかった。17歳だった。

2019年01月11日

山田、感謝の再出発

JRA史上初の距離誤認で3カ月の騎乗停止処分を受けた山田敬士(21、美浦・小桧山)が14日から復帰。山田は再出発に向けて新たな決意を語った。14日中山の復帰戦は4鞍の騎乗依頼を受けた。3Rのペイシャラトゥールは、距離誤認で手綱を握ったペイシャエリートと同じ北所直人オーナーの所有馬。信頼回復を誓う昨年3月デビューのルーキーは「復帰戦に馬を用意していただき本当にありがたい。結果を出して恩返しするしかない。勝つことがファンへの恩返しにもなる」。支えてくれた調教師、ファン、オーナーのために…。

2019年01月11日

オジュウチョウサンが3月ドバイの2重賞に登録

3年連続でJRA賞最優秀障害馬に選出され、昨年は平地レースに挑んで有馬記念9着だった“二刀流”オジュウチョウサン(牡8歳、美浦・和田正一郎厩舎)が、3月30日のドバイ国際競走に登録した。レースはドバイゴールドC(GII、芝3200メートル)とドバイシーマクラシック(GI、芝2410メートル)の2鞍。和田郎調教師は「今はダイヤモンドS(2月16日、東京競馬場、GIII、芝3400メートル)に出走できるかどうかの状態を見極めている段階ですが、可能性として登録しました」と説明した。

お電話でのお問い合わせはコチラから
  • 気象庁
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • Club A-PAT
  • IPAT

ページ先頭へ