競馬予想は株式会社エイコウにおまかせください。

エイコウニュース
2018年02月11日

テトラドラクマ逃げ切り重賞初制覇

クイーンCは3番人気テトラドラクマが逃げ切り、重賞初制覇を飾った。勝ちタイム1分33秒7。4分の3馬身差の2着に5番人気フィニフティ(藤原英)。3着に7番人気アルーシャ(藤沢和)。1番人気マウレア(手塚)は5着に敗れた。

2018年02月11日

オウケンムーン重賞初制覇

共同通信杯はオウケンブルースリ産駒の6番人気オウケンムーン(牡、国枝)が、3連勝で重賞初制覇を飾った。勝ちタイム1分47秒4。好位をリズム良く進み、直線で抜け出すと後続馬を振り切った。4月15日中山の皐月賞(G1、芝2000メートル)に直行する。断然の1番人気グレイル(牡、野中)は7着に敗れた。

2018年02月11日

重巧者クリンチャー馬場状態を味方にGI馬4頭撃破

京都記念は藤岡佑介騎乗で4番人気のクリンチャーが、中団のイン追走から直線で力強く伸び、重賞初制覇。父ディープスカイ産駒にとっては、芝で初の重賞勝ちとなった。タイム2分16秒3(重)。1馬身差2着はアルアインで、圧倒的人気に推された昨年のダービー馬レイデオロは3着に敗れた

2018年02月04日

浜中俊が通算900勝達成

4日の東京12Rをシャンデリアハウスで勝ち、史上40人目で現役では18人目となるJRA通算900勝を達成した。07年4月7日の福島7R(トシツカサオー)で初勝利を挙げてから8161戦目での到達となった。

2018年02月04日

サトノフェイバーが重賞初制覇

きさらぎ賞は、古川吉洋騎手騎乗の4番人気サトノフェイバーが新馬戦に続いて逃げ切り、重賞初制覇を果たした。タイムは1分48秒8(良)。2着はグローリーヴェイズ(2番人気)、3着はラセット(5番人気)だった。

2018年02月04日

リスグラシューが重賞2勝目

東京新聞杯は、武豊騎手騎乗の3番人気リスグラシュー(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が中団待機から直線で馬群を割って鋭く伸びて快勝。2着は5番人気のサトノアレス、3着には1番人気のダイワキャグニーが入線。

2018年01月23日

大井競馬が全レース中止

23日の大井競馬2日目は馬場コンディション不良のため全レースが中止となった。22日は降雪のため11、12Rを中止していた。この日は通常開催を目指してコース整備やファンエリアの雪かきなどを実施し、午前10時には予定通り開場。1R出走馬はパドック周回後に馬場へ出たが、コースの一部が凍結したままで危険なため中止。その後、2R、3Rも中止として馬場整備にあたったが、正午過ぎに全レースの中止が決まった。

2018年01月23日

ニシケンモノノフ4年ぶり芝に挑戦

JBCスプリントの覇者ニシケンモノノフ(牡7、庄野)が28日京都のシルクロードS(G3、芝1200メートル)で3歳2月以来4年ぶりの芝レースに再挑戦する。芝とダートの双方で重賞を制したメイショウボーラーの産駒。横山典弘騎手(49)をはじめ、陣営も適性を見込んでおり、好走すれば高松宮記念(G1、芝1200メートル、3月25日=中京)への参戦も浮上しそうだ。

お電話でのお問い合わせはコチラから
  • 気象庁
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • Club A-PAT
  • IPAT

ページ先頭へ